JUGEMレビュー

書籍、映画、CD、DVD、ソフトウェア、家電、食料品、なんでもレビューします。
<< ウォッシュレボリューション21 | main | ザ・ビーチ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2010-12-03 | - | -

蝉しぐれ

蝉しぐれ
文芸春秋
1991/07
¥660 (税込)
Amazon評価:レビュー数:36 平均:4.86 Book:−−−位 (2005/12/31付)
 岩代太郎サントラを聴きながら読みました。映画は観ていません。
 まだ年若い文四郎が経験する恋と友情と社会の理不尽。剣に打ち込み葛藤を乗り越え、義を重んじ理不尽に対抗する。文四郎の青臭いが気持ちの良い生き方に共感を覚えます。塾や道場などの生活描写、普請組、郷方勤めなどの職業描写が丁寧で、下級武士の生活、価値観などが自然と理解でき、時代小説に読みなれていなくてもすんなりと読むことができます。時代小説として、青春小説として、完成度の高い作品です。
 また、市川染五郎木村佳乃などの配役を思い浮かべながら小説を読めるという、映画化された作品ならではの楽しみもあります。
蝉しぐれ/岩代太郎
(J.F)
| 和書 | 2005-12-31 02:23 | comments(0) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

| - | 2010-12-03 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
映画の時代
街を歩いていると、目に飛び込んでくる映画の大看板。 大きいものになると畳何十枚にもなるものが、かっては少なくなかった。 これには、特別な思いが私の中にある・・・。  私は、今年還暦を迎え定年退職をする。これを期に、 過去を振り向いてみても許されるのでは
| MOONの似顔絵エッセイ | 2006/01/05 11:32 AM |
蝉しぐれ
まだ読み切ってないけど、きっと良い作品だと思うのでとりあえず紹介しちゃいます。『名状しがたい哀惜をさそわずにおかない』という解説に思わず納得。悲運と忍苦のなかで成長していく主人公を見ていると、通勤電車のなかでもちょっと泣けてきます[:悲しい:] 自分が
| 藤森紀彦商店 | 2006/03/15 12:35 AM |
文春文庫【蝉しぐれ】藤沢周平
う〜ん……これは 名作 です。 まだ読んでない人、速攻で読むべきよ! まぁ東宝映画になったから、「映画で見た」とか「とっくに読んだ」という人も多いだろうけど。(出演は市川染五郎、木村佳乃ほか) ジャンルで言えば「時代小説」になり
| ぱんどら日記 | 2006/03/29 3:08 PM |
関連サイト
カレンダ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Google
Web JUGEMレビュー
最新記事
カテゴリ
アーカイブ