JUGEMレビュー

書籍、映画、CD、DVD、ソフトウェア、家電、食料品、なんでもレビューします。
<< トータル・フィアーズ | main | 007 カジノ・ロワイヤル (初回生産限定版) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2010-12-03 | - | -

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)
ワーナー・ホーム・ビデオ
2007/04/20
¥3,980 (税込)
Amazon評価:レビュー数:155 平均:4.0 DVD:2875位 (2008/02/18付)
クリントイーストウッドは救いのない結末にすることが多い。見た後にどんより感が拭えず、見たことを後悔することも多い。それでも、その容赦ない姿勢が潔く思われた。硫黄島も確かに救いがないが、戦争に対する遠慮が見える。残虐さや残酷さよりも、戦争に対する美学が見え隠れする。
この映画を見てトラウマになったと言う話も聞くが、日本の戦争映画の方がよっぽど悲惨でトラウマになる。
(J.F)
JUGEMテーマ:日記・一般
Amazon.co.jp ≫
1944年、陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。本土防衛の最後の砦の硫黄島だったが、場当たり的な作戦と非情な体罰により、兵士たちは疲労と不満が渦巻いていた。ところが栗林は違った。アメリカ留学の経験があり、敵国を知り尽くした男は、体罰をやめ、島のすみずみまで歩き、作戦を練りに練った。そして米国が来襲。硫黄島は5日で落ちると予想されていたが、壮絶な闘いは36日間にも及んだ。しかし、その闘いで兵士たちは何を思ったか。それは61年後に掘り起こされた、出されることのなかった家族への手紙にしたためられていた…。
クリント・イーストウッド監督の2部作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』。本作は日本側から見た硫黄島の闘いを描き、そこで何か起こったのか、兵士たちは何を思って闘ったのか、本作では戦場での兵士たちの日常がつづられる。闘いは厳しく、その残酷さに思わず目をそむけてしまうシーンもあるが、戦争とは悲惨で残酷なのだと改めて思わせる。そしてその戦争の虚しさを伝えているのは、兵士・西郷と彼をとりまく若者たち。渡辺謙演じる栗林中将ではなく、主役は若い兵士たちというのは意外だったが、だからこそ、この映画は意味がある。この映画は栗林のヒーロー映画ではない。見る者は西郷の思いに共感し、彼に生き抜いてほしいと願う。硫黄島の闘いを象徴しているのは若い兵士なのだ。西郷演じた二宮和也は戦場でも自分を見失わないように懸命に生きる若者を、加瀬亮がやさしさゆえに挫折を味わう男を熱演し、伊原剛志は元五輪選手のバロン西を豪快に演じる。彼ら日本人俳優たちのアンサンブルは絶妙! しかし、いちばん驚くべきは言葉を壁を超えたイーストウッド監督の演出、さすが名匠、見事だ。(斎藤 香)
| DVD | 2008-02-18 02:29 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

| - | 2010-12-03 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
関連サイト
カレンダ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Google
Web JUGEMレビュー
最新記事
カテゴリ
アーカイブ