JUGEMレビュー

書籍、映画、CD、DVD、ソフトウェア、家電、食料品、なんでもレビューします。
<< 八月の博物館 | main | 刀語 第一話 絶刀・鉋 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2010-12-03 | - | -

ηなのに夢のよう

イータなのに夢のよう
講談社
2007/01/12
¥924 (税込)
Amazon評価:レビュー数:4 平均:3.0 Book:50位 (2007/01/16付)
Gシリーズも6作目。ギリシャ文字を冠した連続自殺事件(?)に対して明確な回答は示さず、生とは死とは命の価値とは、そんな問答が繰り広げられます。萌絵と創平、萌絵と紅子の問答が見所です。
地味に地味に展開しているようでいて、四季、萌絵、創平、紅子、保呂草 etcの歴代キャラが絡み合い、壮大な結末へと向かっている感じです。
歴代キャラに海月はどのように絡んで行くのか。大物の予感を漂わせながらも、まだまだ創平には及ばない的な扱いを受けていますが、シリーズ中に大きな成長を見せるのでしょうか。
(J.F)
| 和書 | 2007-01-16 03:51 | - | -

スポンサーサイト

| - | 2010-12-03 | - | -
関連サイト
カレンダ
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Google
Web JUGEMレビュー
最新記事
カテゴリ
アーカイブ